FC2ブログ

昔の知恵

武蔵野の地に雑木林が多く残っていた時代は
落ち葉も、落ち葉堆肥や燃料として使われていたそうですが
雑木林や堆肥を使う畑が少なくなってきている現在では
単なるゴミとして焼却場に直行です。
造園屋さんが落とす街路樹の枝も、
切ってしまえば産業廃棄物だそうで、処分が大変だそうです。

すべての落ち葉ではないですが、独楽蔵では落ち葉堆肥を作っています。
今日も、たくさん集まったので

1215-01.jpg

くつを長靴に履き替えまして
1215-03.jpg

米ぬかを少々、水をたっぷり加えまして…
(昔は、家畜や人のふんを混ぜて、家畜に踏ませたりしていたらしいです。)
1215-02.jpg

あとは、一生懸命踏んでいきます。
こんなに小さな囲いだけ?・・・とお思いかもしれませんが
おどろくほど入ります。
1216-00.jpg

そして、1年間ゆっくり発酵させると、立派な堆肥の出来上がり。


…と、今まで、落ち葉の話ばかりしていましたが、
設計事務所なので、たまには設計監理のお話も…。

今日の現場(設計事務所の現場監理の仕事です)

埼玉県新座の集会場の現場です。
今日から着工で、今日は地縄張りです。

1215-05.jpg

0 Comments

Leave a comment