FC2ブログ

【上棟に向けての準備:金物工法】

川越の住宅の現場は、週末の上棟に向けて土台ひきの作業中。

工場でプレカットされた梁や柱材もすでに現場に搬入済みです。

従来の木造仕口・継ぎ手の部分(材料同士の接合部)が

黒い金物に置き換わった金物工法という工法です。

従来の工法に比べて、

木材の接合部分の断面欠損が少ない(約1/4)ので、

接合強度がUPしています・・・。

また、金物が内部に隠れてしまうので、

ヒートブリッジ(熱の通り道)にならず、断熱材の欠損も少ない。という利点もあります。

施工性もいいので、大工さんの作業も軽減化されます。

kumada-004-1000.jpg

kumada-003-1000.jpg

kumada-001-1000.jpg

kumada-002-1000.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

独楽蔵 You Tubeチャンネルは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

上棟 金物工法 家づくり

0 Comments

Leave a comment