FC2ブログ
10 2018

【建築現場では臨機応変に】『のぞき窓アリマス!』設計事務所の家づくり

ガレージを使ったバスケットコートのある家。

バスケットゴールの向こうには、家の室内階段があります。

階段の途中がちょうどいい高さなので、

設計の段階にはなかったのですが

工事途中の打ち合わせの際に、お客さんと相談して、のぞき窓を作りました。

設計の段階ではわからなくて、現場で気づいたり、こうしたほうがいいんじゃないかと、

変更や追加をすることもよくあります。

そういう現場での臨機応変なアドリブは、建築空間をさらに良い方向に導いてくれて

新しい暮らしをより楽しく彩ってくれます。

現場でのお客さんとの会話は、新しい暮らしのたのしい発見の連続です。

fukushima-car-01-1000.jpg

fukushima-car-02-1000.jpg

fukushima-car-03-1000.jpg

この家の紹介ページはこちら

独楽蔵ホームページは、こちら

独楽蔵 You Tubeチャンネルは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

埼玉 設計事務所 独楽蔵 家づくり 川越

0 Comments

Leave a comment