FC2ブログ
09 2018

極小3階建て住宅・混構造のメリット [1F:RC造+2.3F:木造] 文京区の家づくり

両脇の建物が隣接する間口が限られた隣地の中で、

1階にガレージを設けたり、2.3階の居住スペースの採光や通風を確保するために、

1階を鉄筋コンクリート打ち放し(壁構造)、2.3階を木造(在来工法)とした混構造をご提案しました。

1階を鉄筋コンクリート、2.3階を木造にすると・・・

①すべてが鉄筋コンクリートの建物よりも建物自体が軽量であるため、構造的に有利である。

②木造3階建ての場合は、構造的に1階部分にかなり負担がかかるので、

1階の壁量(壁の量)が多くなるので、プランに自由度が大きい。
(ガレージが可能)

③すべてが鉄筋コンクリートよりも工事費が安く、工期が早く施工できる。

などいろいろなメリットがあります。

イメージをするのであれば、高い基礎の上に2階建ての木造が建っている感じです・・・。

よって、2.3階の平面プランも1階に左右されず、木造2階建てのように比較的自由なんです・・・。

okamoto-ga-001-1000.jpg

埼玉 設計事務所 独楽蔵 家づくり 文京区

0 Comments

Leave a comment