FC2ブログ

【耐久性・メンテナンスから発想する外壁仕上げ】

1階部分の下屋:軒下部分は、屋根がぐるっと900mm張り出しているので、

外壁も雨に濡れにくく、汚れや劣化が少ないので、杉板の南京下見張りになっています。

この部分は、普段一番触れたり、間近に見る部分なので、木材を使用して有機的に仕上げます・・・。

脚立に乗れば手の届く範囲でもあるので、自分でペンキを塗ったりと、

がんばればメンテナンスも自分でできてしまうのも、利点の一つです。

2階の軒がない部分の外壁は、耐久性に優れるカラーベスト(屋根材)&タイルを使用しています。

あまり人の印象に残らない部分ですし、基本的にメンテナンスフリーでお金をあまりかけない仕上げに・・・。

tajima002-1000.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

0 Comments

Leave a comment