FC2ブログ
14 2017

【芝+土の気化熱・断熱性】

今日は暑かったですね。

夕方になって、少し涼しくなったので、屋上の芝刈りをしました。

秋が近くで、自分たちの死期を悟るのか、

我先にと、ヤブ蚊が体にまとわりついてきます。

あちこちが、かゆいです。

定期的な芝刈りはちょっと大変な面もありますが、

今年の夏も、この芝庭にずいぶん助けられました。

この芝庭の下は、アトリエのホールがあるのですが、

芝と厚さ約20cmの土の「気化熱」と「断熱性」のおかげで、かなり涼しいんです。

「打ち水大作戦」などというイベントもあるようですが、

自然が毎日、勝手にセッセと打ち水をしてくれている感じです。(ホントか?)


室内は感覚的には、蔵の中に入って、ひんやりする感じです・・・。

猛暑の時でも、そこまでは室温が上がりません。

そういえば、蔵も、厚い土壁に覆われていますから、体感は似ているはずですね・・・。

土のおかげで、屋根の防水層も温度変化が少ないですし、

直射日光も浴びないので、紫外線に材料の劣化も少なく、

ただいま28年間メンテナンスフリーです。

ですから、トータルのメリットに比べれば、

芝のメンテナンス作業程度は、かわいいモノなのです・・・・。

21728223_1640659169347852_6009059594746727972_n.jpg

komagura-naibu01.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

埼玉 設計事務所 独楽蔵 入間市

0 Comments

Leave a comment