FC2ブログ

住宅の薪置き場

福島の住宅の現場です。
先日、引き渡しは、終了しています。

20060726190804.jpg

この住宅の前面には、ダンロの薪置き場があります。

薪は、作れば増えますし、使えば減っていきます。
樹木もそうですが、建物の外観が、季節や
通りかかる日によって変化するのは
町や通りにとってたのしいことだと思います。

20060726190816.jpg

引き渡し後、早速、だんなさんが、薪を積んでくれました。
ありがとうございました。
奥さんもおっしゃっていましたが、
薪も収まるところに収まると雰囲気が出ます。

20060726190825.jpg

最近は、「家」は安らぐところというイメージが
固定してしまった感もありますが
「家」は本来、仕事や作業をしたり、家畜の納屋があったり、
子どもが産まれたり、おじいちゃんおばあちゃんがお亡くなりになったり
とても動的な場所であったと思います。

今の時代で、そういうことはとても難しいですが
「薪運び」「薪割り」「薪積み」の一連の作業というのは、
生活を動的にする1つの行為かもしれません。


独楽蔵(こまぐら)ホームページ

0 Comments

Leave a comment