fc2ブログ
08 2017

【敷地の高低差を利用する ①】所沢の家づくり

住宅の造成地で、道路より高い敷地をよく見ますよね・・・。コンクリートの擁壁(ようへき:土止めです)に囲まれていて、玄関までは、階段でアプローチするようなイメージです。

写真の住宅も道路から、約1m高い敷地なので、

廻りの家はだいたい1mの擁壁(ようへき)の上に建っています。

この住宅は、擁壁の作り方をちょっと工夫して、建物の基礎と一体化してしまいました。

駐車場(2台分)の部分は土を削って道路と同じ高さにして、

元々の地面の高さに玄関のアプローチを兼ねた広い中庭デッキテラスを配置・・・。

折角ですから、階段も幅広です。

家族の方々の上り下りが、宝塚のスターに見えるように心掛けました。

半分は冗談ですが・・・、半分はホンキなのです。

余った髙基礎スペースは、外物置や自転車置き場に・・・。

擁壁と基礎が一体なので、スペースに無駄が生まれませんし、

工事費も若干、安くなるという利点もあるんですよ。

19029285_1414681735258442_7605006844803216243_n.jpg

18893313_1414681741925108_6187781512100724316_n.jpg

18952783_1414681838591765_5853892125889189479_n.jpg

19059596_1414682208591728_1489927508006693405_n.jpg

独楽蔵ホームページは、こちら

facebook(長崎昭人)は、こちら

埼玉設計事務所独楽蔵家づくり所沢

0 Comments

Leave a comment