FC2ブログ

archive: 2007年07月01日  1/1

宇都宮(屋根)

宇都宮市の住宅の現場です。屋根のガルバニウム葺きが終了して屋根の形が現れてきました。住宅の南側は屋根の軒が3尺(900mm)出ているので建物も実際の坪数に比べて大きく見えます。日本家屋は、本来深い軒を持っていて屋根の美しい建物が多かったですが現代の一般の住宅は、屋根の軒の長さが経済性、施工性、意匠性などの問題からだんだん短くなっている傾向にあります。少し寂しい気がします。深い軒の利点として高度の高い夏の...

  •  0
  •  0