FC2ブログ

category: DIY  1/4

中古枕木デッキを長持ちさせるために・・・

この中古枕木は、ユーカリ材。広大なオーストラリア大陸を走る鉄道の一部だったと思うとちょっと不思議な気持ちになります。ユーカリ材は防虫効果があり、耐久性も高いのですが、より長持ちさせるためには、濡れても乾く状態で保管することが大事・・・。直接、湿度のある土に接しないように、ゲタを履かせて、隙間を作ることも重要です。隣り合う枕木の隙間には、砂埃や落ち葉、ゴミなどが詰まって、濡れた状態が長く続く環境にな...

  •  0
  •  0

杉板(南京下見張り) 10年目の経年変化②

南面 軒900mmあり。直射日光の温度差や紫外線、強風の際の風雨などからなのか、木目の夏目の部分(白くて柔らかい部分)が、塗装と一体になって硬化したモノが落下して、浮造り(うづくり)仕上げのようになりました。浮造り(うづくり)仕上げとは、木材の表面をブラシなどの道具で擦って、柔らかい部分をそぎ落として、表面に凹凸を加えた表面加工法です。これはこれで、キレイな気もしますが・・・、木材保護塗料でしあげようと...

  •  0
  •  0

外壁:杉板(南京下見張り) 10年目の経年変化①

木材の劣化は、壁の方位や屋根の軒、風、道路(排気ガス)などによって、ずいぶん違ってきます。今回の西側の外壁の杉板張りは、屋根の軒がないので直接、雨に濡れたり、強風で揺れる枝がこすれたりで、10年で、すいぶん塗装が剥げてきました。南面に比べて、直射日光や紫外線の影響は少ないようです・・・。通常、木を使った外壁は極力、軒のある部分で使っていますが、自分の家なので、実験も兼ねて・・・。木材保護塗料(キシラ...

  •  0
  •  0

【木塀の笠木(かさぎ)取り替え(DIY)】

No image

笠木(かさぎ)とは、手すりや塀、パラペットの上部に被せる仕上げ材のこと。上部の保護や意匠のために取り付けますが、外部の場合は、雨からの保護の意味合いが大きいかもしれません。ネットフェンスの上にDIYで作ったこの木塀も、木部の保護のために笠木をつけています。そのおかげか、製作して約8年経過した現在も、あまり劣化(塗装は剥げていますが・・・)していないので、助かっています。これも、ちょっとツバを長くした笠...

  •  0
  •  0

DIY こどもの「ドア開け閉め防止」ストッパーを作ってみる

No image

赤ちゃんが少し大きくなると、ドアや引き出しの開け閉めをくりかえす時期がやってきますよね。我が家では、超アナログな開閉防止のストッパーを作って見ました・・・。独楽蔵ホームページは、こちら...

  •  0
  •  0